Japanese | English

Fenix Scratch Guard プロテクションフィルム施工事例
メルセデスベンツ SL Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

メルセデスベンツ SL Fenix Scratch Guard ペイントプロテクションフィルム施工

本日ご紹介するのは大阪府のお客様からお預かりさせていただきました「Mercedes-Benz SL」の施工の様子です。

日本で高級車の代名詞として知られているメルセデスベンツ。

ラグジュアリーなこの車は快適性とスポーツ性を両立させた一台で、快適過ぎない作りでコンフォートさの中にも走りを楽しむことができる老舗ながらも最先端技術の一台です。

そんな最先端の一台に、本日は最先端のペイントプロテクションフィルムFenix Scratch Guardを施工していきます。

今や多くの高級車オーナー様が自分の車の保護に使っているプロテクションフィルム。

その中でもFenix Scratch Guardは最先端の技術を利用して作られた一品です。

従来のカーコーティングやプロテクションフィルムとの違いは大きくふたつ。

カーコーティングとは異なり非常に厚い保護膜を作り上げる点、もうひとつはスプレーで塗布することによって従来では施工が困難な箇所であっても施工が可能になったという点です。

ガラスコーティングなどのコーティングはおおよそ厚さ0.1μm。

もちろん汚れやキズは付きにくくなりますが、万が一のときにリペアできないという特徴がありました。

しかし、プロテクションフィルムの厚さは150~200μm。

硬度が高くキズが付きにくいのはもちろんのこと、万が一キズが入ったとしてもそのプロテクションフィルムそのものを研磨することによって修復が可能です。

また深いキズの場合にはフィルムを剥がして再施工することによって内側の塗装面には全くダメージなく修復することができます。

今回の施工箇所はボンネット、フェンダー、ヘッドライト、ミラー、ドアなどの前側部分、そしてリアフェンダー、リアバンパー、トランク、ウィング、ルーフ、ピラー、サイドステップカバーの後ろ部分と車体全体にプロテクションフィルムの施工を行っていきます。

まずは施工前の塗膜の厚さチェックです。

それぞれのパーツの塗装膜の厚さがどれくらい残っているかを確認していきます。

塗装は鏡面加工やポリッシャーなどによるキズの除去を行うごとに薄くなっていってしまうものです。

そのおおよその平均値は100μm。

今回計測させていただくと、ボンネットが119μm、ドアが192μm、ルーフが132μmでした。

プロテクションフィルムの施工を行う際には板金塗装と同じようにパーツごとに分解しマスキングを行ってから施工を行います。

一般的な純正塗装が100μm、プロテクションフィルムの厚みが150から200μmですので、塗布を行った箇所とそうではない箇所では塗装の有無以上の厚みの差ができてしまうからです。

そうした厚みの差を発生させないよう丁寧なマスキング作業が必須です。

上記の画像の各パーツにはすでにFenix Scratch Guardの塗布が10層ほど行われています。

外見的に違和感がないことがご確認いただけると思います。

このあと研磨をしてプロテクションフィルムの表面の凹凸をさらになくし、より美しい艶が出るようにしていきます。

施工後の膜厚の計測です。

ボンネットが479μm(施工前は119μm)、ドアが437μm(施工前は192μm)、ルーフが316μm(施工前は132μm)とどのパーツも2倍以上の厚みになっていることがご覧いただけると思います。

この新たに加わった塗膜が従来の塗装部分を守り、飛び石などによる塗装の欠けからお車を守ります。

Mercedes-Benz SLの施工後の様子です。

全体に保護膜が加わり非常にキズに強くなっていますが、プロテクションフィルムが施工されていることが分からないほどの仕上がりになっています。

Fenix Scratch Guardは最先端の技術を利用したプロテクションフィルムです。

愛車を飛び石や乗降時の擦れによるキズから保護するために、Fenix Scratch Guardのご利用をご検討ください。

世界トップレベル 塗装タイプで曲面にも自由自在な、次世代ハイエンドペイントプロテクションフィルム。
新発想、スプレーで施工する塗装タイプのペイントプロテクションフィルム「Fenix Scratch Guard」。
愛車のボディに3層構造の新発想スプレー施工・塗装タイプのペイントプロテクションフィルムを施工することによって通常のフィルムタイプでは施工不能だった形状の部分まで施工可能。
傷や飛び石からボディを強力にガードします。

Abarth 695 70Anniversary

Fenixクリアプロテクション&カラープロテクションフィルムは塗装面を痛めずにフィルムを剥がす事も可能です。

Abarth 695 70Anniversary

アルピーヌ

マットブラックやマットグレーその他、カラーは調色次第では100色以上のカラープロテクションフィルムを自由自在にお選び頂けます。

Abarth 695 70Anniversary

FENIX JAPANのショールーム内には様々なFenixカラーペイントプロテクションフィルムのサンプルをご用意しております。

Abarth 695 70Anniversary

サンプルミニボンネットにFenixピンクカラープロテクションフィルム施工サンプルです。

Abarth 695 70Anniversary

レッドミニボンネットにFenixグリーンマットカラープロテクションフィルム施工サンプルです。

Abarth 695 70Anniversary

レッドミニボンネットにFenixブルーメタリックカラープロテクションフィルム施工サンプルです。

Abarth 695 70Anniversary

【VWアルティオンマットグレープロテクションフィルム施工事例】

純正ガンメタリックカラーから、Fenixマットグレーにカラーチェンジペイントプロテクションフィルム施工事例。

Abarth 695 70Anniversary

Before&After

Abarth 695 70Anniversary

fenix japan公式サイトはこちらをご覧下さい→ /contents/