Placeholder image

Fenix SG Q & A

新発想のプロテクションクリアペイント「Fenix Scratch Guard」についての疑問にお答えします。

Q&A 「Fenix Scratch Guard」についての疑問にお答えします。

製品

車のボディー以外にも施工可能ですか?
ヘッドライト、テールレンズ、ラバー、ガラス等塗料面以外は施工可能です。メッキ、カーボンパーツには施工できます。
6 . 季節、気温、地域で耐久性は異なると思いますが、基本となる地域はありますか?(施工車の耐久性)
本の地域はありません。商品の耐久性は試験データで、マイナス30℃〜90℃になります。
7 . 4層目は硬い塗膜なのになぜ自己傷修復機能があるのですか?
各層のみではFENIX Scratch Guard の能力は発揮しません。1層目〜4層目トータルで自己傷修復します。
8 . 他社の類似商品との違いは何ですか?
  • 130μ〜200μの膜厚間で用途によって自由に膜厚を変えることができる、プロ用スプレープロテクションフィルムです。また従来の剥がせる塗料やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でも研磨作業が可能になり、長期間に亘り高性能の塗膜を維持できます。
  • プロテクション能力はもちろんのこと、新車以上の光沢感を発揮し、新車のようなクリヤーの肌感を実現できます。
    一回の塗装で130μ 以上の膜厚を保持することが可能な為、要望によっては鏡面仕上げも短時間で施工できます。
9 . 変色や、退色はありますか?
FENIX Scratch Guard は塗料検査機関にて世界的な自動車塗料の基準を満たしている商品になりますので、特別変色や、退色等の変化がみられることはありません。
この商品は、フィルムになるのですか?塗装になるのですか?
Fenix Scratch Guardの技術認定に合格した技術者のみが施工できるプロ用スプレープロテクションフィルム(ガン塗り塗装)になります。また万が一の時には旧塗膜を痛めずに剥がすことも可能です。
11 . 日本での施工保証期間はどのぐらいに設定されていますか?
  • 1ヶ年毎の定期メンテナンスを指定期間内に受けた車両につきましては、施工保証期間は2年になります。また施工保証期間につきましては今後延ばす可能性があります(平成28 年6月1日現在)。
  • 商品の耐久年数は8年です。
12 . 製品の保証内容は何になりますか?
退色・変色、隔離、クラック、チョーキング
13 . 自己修復機能どれくらい持続しますか?
2000時間です。
14 . 自己修復機能の適正温度は何度ですか?
50〜70℃です。
15 . ウォータースポットつきませんか?
一般的な自動車塗料よりつきにくいです。
16 . 飛び石傷はつきますか?実際飛び石に当たった場合どのようになるのでしょうか?
塗膜が欠けます。傷の深さによって適切な方法で補修して下さい。
17 . いたずら傷やスクラッチ傷等のダメージを受けた場合はどの様な対処が適切でしょうか?
基本的に、2層目まで塗膜にダメージを受けると再塗装になります。3層目から4層目までの塗膜ダメージだと磨きで対応できます。
18 . 施工車が事故などで鈑金塗装の修理が必要になった場合は、自動車補修は可能でしょうか?
はい、可能です。適切な修理方法で補修して下さい。
19 . 洗車時に剥離する可能性はありますか?
適切な施工方法で施工されているのであれば、問題ありません。
20 . ワックスは掛けて大丈夫でしょうか?
ノンコンパウンドWAX、液体WAX、ボディーガラスコーティングすべて対応可能です。
21 . 施工後、長期間経過している車両のオリジナル塗装への影響は問題ないですか?
万が一剥がす場合は多少剥がしにくくなりますが、保証期間内であれば塗装への影響はありません。

施工環境

1.自然乾燥時間は何℃で何分が目安ですか?
各層によって目安が異なります。詳しくは施工マニュアルを参照下さい。
2.強制乾燥時間は何℃で何分が目安ですか??
各層によって目安が異なります。詳しくは施工マニュアルを参照下さい。
3.自然乾燥での完全硬化目安時間はどれくらいですか?
目安は1週間です。
4.遠赤外線焼き付け時の完全硬化までに必要な目安時間はどのぐらいですか?
自然乾燥後、適切な乾燥装置で60℃12時間が目安です。※性能を上げるためにはなるべく自然乾燥の時間を設けて焼き付けして下さい。
5.100度超えるとどのような現象になりますか?
一時的に柔らかくなります。 ※製品の耐久温度は試験データでマイナス30℃から90℃ です。
6.焼き付け耐久温度は何度から何度ですか?
試験データで90℃です。
7.4層施工後にマイナス気温で耐久テストを行った事はありますか?
試験機関で実証済みです。
8.施工中に湿度は影響しますか?また湿度などで塗装中に曇る事など起きた事例はありますか?
適正温度を守っていただけたら、湿気の影響はないです。
9.どのメーカーの塗装ガンでも施工可能ですか?
メーカー指定ガンはSATA RP5000 になります。
10 . 推奨する塗装ガンの口径はありますか?
• 1.3 口径です。
11 . 推奨エアー圧は何キロでしょうか?
詳しくは施工マニュアルを参照下さい。
12 . 推奨膜厚計はありますか?
メーカー指定膜厚計は、デュアルタイプ膜厚計LZ-990「エスカル」になります。
13 . 指定の塗装防具セットはありますか?
指定の塗装防具セットはございません。しかし、品質・環境面を考慮したIdee.JP までお問い合わせください。
114 . 塗装ブースがないと施工できませんか?またどのような現象になりますか?
法的に塗装ブースが必須条件になります。
15 . 塗装完了後のガンの手入れ方法はどの様な溶剤で洗浄すると良いですか?
通常の洗浄用シンナーで問題ありません。

施工クリアー塗膜

1 . 3 層目、4 層目は何コートまで可能ですか?また膜厚が規定値を超えた際はどのような不具合が発生しますか?
  • 3層目は基本4コートで100μ、最大で6コート150μです。4層目は2コートで50μから60μです。
  • 規定値を超えると、塗膜の艶引けやワキの原因になります。
2 . 各種1コートセッティング時間を教えてください。
詳しくは施工マニュアルを参照下さい。
3 . 3、4層目は何H ですか?
自動車業の認定機関で、750グラムの負荷をかけた実験 データは塗膜トータル3H、SGS 規格で1キロの重さの負荷をかけたテストでは塗膜トータル1H です。
4 . 一層目を施工する前の最適な下処理はありますか?。
技術認定講習の行程通りの脱脂作業を実施してください。
5 . 塗装前の脱脂剤は専用品を使う必要性はありますか?
しっかりと脱脂ができれば通常の脱脂剤で可能です。もしメーカー推奨剤を希望であれば、Idee.JP までお問い合わせください。
6 . コーティング剤を施工している車両で、コーティング剤を除去せずに脱脂のみで塗装する事は可能でしょうか?
コーティング剤によっても変わってきますが、ポリッシュしてコーティングの層を除去することが1番安心です。
7 . ガン塗装以外施工方法ありますか?
タッチアップ時は筆さしで傷を埋めることが可能な場合があります。
8 . 途中液剤が垂れた場合はどのように対処すれば良いですか?塗り直しor 続行可能か。?
強制乾燥後、再施工になります。
9 . 一層目を吹き付けた時に上手く塗料がつかなかった場合のやり直しの工程は?(ハジキ等)
専用シンナーで拭き取り後、ハジキの原因を完全に除去し、再施工となります。
10 . 施工途中で不具合が生じ、再施工する際はどのくらい乾燥させますか?またどのような手順になりますか?
11 . 1セットで何台施工できますか?(モデル車も決める)
基本施工でBMW3 シリーズで1.5台、プレマシークラスで1台となります。
12 . バンパー等のキズ修理後すぐに施工できますか?)
完璧に乾燥後に施工してください。
13 . 部分修理は可能ですか?
80μの膜厚が保てていれば可能です。
14 . マット仕上げをする時の工程は?
4層目の塗料がマット塗料になります。磨き作業はできません。詳しくはIdee.JP までお問い合わせください。

施工カラー塗膜

1.3層目で色を入れたい場合は、どの様に着色できますか? カラー単体で塗装可能なのか?それともクリアーに混ぜた 時だけ着色可能なのか?
2.3層目で着色する時の着色塗料に指定はありますか?
Idee.JP の専用塗料のみになります。
3.3層目施工後、着色時に相性の合わない性質の塗料などありますか?
4.着色時にパールだけを塗る事も可能ですか?
35.着色時にフレークを入れる事も可能ですか??

ポリッシュ

1. ブツがある場合は、どのように除去しますか?空研ぎペーパー何番、水研ぎペーパー何番?
2. 磨いて4 層目が無くなった場合は4 層目だけ再塗装可能ですか?
3. 磨き完了時点での4層目の最適膜厚はいくらですか?どこまで磨けますか?
4. 表面の研磨などをした場合、どの層まで削れているか判断する方法はありますか?
推奨する膜厚系で測定します。

施工後

1.再塗装のマニュアルはありますか?
2.メンテナンスは必要ですか?
1ヶ年毎の定期メンテナンスを指定期間内に受けて頂く必要があります。
3.万が一剥がす時の推奨する剥がし方を教えて下さい。
お湯を全面的にかけてはがします。
4.剥がした時のノリはどのように除去しますか?
コンパウンドとバフで磨きをしてください。現在専用の溶剤を開発中です。
5.洗車はどのような方法が適切ですか?また洗車機を通しても塗膜に問題はありませんか?
ボディーに影響のない方法での手洗い洗車をお勧めいたします。適切な方法で洗車していただければ塗膜に影響はございません。
6.万が一剥がれてきた場合、どの程度の手直しが必要ですか?

その他

1. 艶のない樹脂パーツに施工するとどうなりますか?
2. 自動車以外にも塗装できますか?
塗料面以外には施工不可(塗装は可能だが万が一剥がす時に剥がせない可能性がある)。
3. マフラー等にも施工可能ですか?
不可です。
4. 失敗の事例表などありますか?
5. 樹脂部品など、密着度が低い母体には専用プライマーな どありますか?
6. マスキングの剥がすタイミングはありますか?