Placeholder image

What's Fenix SG

新発想のプロテクションクリアペイント「Fenix Scratch Guard」。
愛車のボディに4層構造の新発想クリア塗装することによって傷や飛び石からボディを強力にガードします。

ペイントタイプだからこそ、箇所を選ばない、あらゆる塗装面に施工可能

Placeholder image

4層構造でボディを強力にガードします。

Placeholder image
Placeholder image

130〜200μmの総膜厚

4層構造で合計130〜200μmの膜厚を持ち、深い艶を保ちます。
また走行時の飛び石や雪掻き、乗降時や荷物の積み下ろし時の傷をガードします。万が一、塗装まで達する傷が入った場合は剥がすことも可能です。(※)
※従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。

Placeholder image

フィルムでは不可能な細かい箇所にも継ぎ目のない美しい施工が可能

フィルムでは施工可能な細かいパーツやグリル・ホイールなどにも施工が可能です。
また塗装タイプなので継ぎ目のない美しい施工が可能です。
※従来の剥がせる塗装やプロテクションフィルムとは違い、傷が入った場合でもポリッシャーによる研磨で修復が可能で綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。

Placeholder image

優れた撥水性と耐酸性・耐薬品性・防汚性

優れた撥水性をもち、さらに耐酸性・耐薬品性・防汚性で酸性雨はもちろん、鳥糞・樹液・火山灰・融雪剤などから塗装をガードします。
またUVカット性と耐候性を持ち、プロテクション・クリア層の黄ばみや塗装の退色も大幅に軽減いたします。

Placeholder image

独自のハードコートでポリッシュ(磨き)・ボディコーティングが可能

プロテクションフィルムとは違い、施工に伴う柔軟性が必要なくトップにハードコートを施工していますので、ポリッシュ(磨き)作業によって鏡面仕上げが可能です。
また、通常の塗装と同様に傷が入った際に磨き(ポリッシュ)での除去が可能で、施工面にボディコーティングを施工することも可能です。

Placeholder image

施工するだけで傷が目立たなく!自動キズ修復機能

塗装のある程度の小傷や劣化は、施工するだけでほとんど目立たなくなります。
また、プロテクション・クリア層に入った小傷も50〜70℃の熱で自己修復します。(※)